スムージーダイエットTOP 手作りスムージー スムージーダイエットの効果 酵素ドリンクとの違い

スムージーダイエットにオススメの材料を知りたい

ダイエットのために愛飲している人も多いスムージー。
この健康食品は健康効果や美容効果、ダイエット効果などいろいろな効果が期待できますが、何を入れるかによって摂取できる成分が異なるので、目的に応じて適切な素材を入れたほうがより大きな効果が期待できます。

 

こんな野菜がダイエットにはおすすめ

例えば、投入する野菜ですが、できるだけ緑色の濃い葉野菜を使うようにしましょう。
緑黄色野菜は単色野菜と比べて栄養価値がとても高いという特徴がありますが、一度にたくさん食べられないものが多いというデメリットもあります。
しかし、ミキサーに入れて液状にしてグイッと飲めるスムージーなら、栄養価の高い緑黄色野菜をたっぷり摂取することも可能。
年間を通して比較的リーズナブルに購入できるホウレンソウをはじめ、水菜や青梗菜、小松菜などの野菜がおすすめです。

 

こんな野菜はNG

スムージーには向いていない野菜もあります。
例えば、体を温める作用のある根菜は、煮物などにして食べると高い栄養価値が期待できますが、スムージーにするには向いていません。
また、キャベツや豆類の野菜なども、フルーツとの相性があまり良くありません
スムージーにして美味しく飲めても、食べ合わせが悪いと腸の中でガスが発生しやすくなってしまうので気を付けてくださいね。
もしもスムージーを飲んだ後にガスっぽくなったら、それはもしかしたらなかにいれた素材の相性が良くなかったのかもしれません
素材を変えたりして調整してみてくださいね。

 

フルーツを入れる際にも、ダイエットのためにはできるだけ便秘解消効果もある食物繊維や、抗酸化作用の高いビタミンC系に注目しながら素材選びをするのがおすすめです。バナナ、レモンなどはスムージーを美味しくしてくれるだけでなく、健康効果も美容効果も期待できる優秀な素材です。